×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Verruckt?


 家には子供が待っている。
 聡明な兄と、かわいい妹。
 男女の双子。
 本当の子供ではないけれど、私のたった二人の家族。

 仕事が終わり、夕食の材料も調達した。
 あの子達はいい子にしていただろうか。
 やっと会える。そう考えるだけでスキップしてしまいそう。
 だけど、それをぐっと押さえた。
 でも、顔はにこやかだったかも。
 うれしいのだから仕方がない。
 退屈な仕事から解放され、やっと子供に会えるというのに、うれしくない親なんていないはず。
 健気で親思いの優しい子なら、なおさらだ。
「ただいま」
 ドアを開けながら、二人に声をかける。
 言い含めてあるから、この時間帯に外に出ることはないはず。
 もう外は暗いから、そんな危険なことはさせられない。
 反応はすぐにあった。
 二つの足音が、居間から向かってくる。
「お帰りなさい!」
 押し倒さんばかりの勢いで、二人が突進してきた。
 ニコニコ笑いながら。
 なんてかわいい子達だろう。
「ただいま。ヤン、ルッテ」
 ひとりずつ抱きしめ、頭をなでる。
 さらさらの髪は少し冷たくて、それが気持ちいい。
 二人の額にキスをしてた。
 ヤンもルッテも、くすぐったそうな顔をしている。
 その様子に、クスっと自然に笑みがこぼれた。
「それじゃあ、晩御飯の用意するからね」
 二人の体を離し、キッチンへ向かおうとする。
「お母さん、ご飯は僕たちが用意したよ」
 そんな私の袖をつかみ、ヤンが言う。
「いつも忙しいでしょ? 私たち頑張ったわ」
 ルッテが引き継いで、言葉を続ける。
 二人ともかわいらしい笑顔を浮かべていた。
『食べてくれるよね?』
 二人の声が重なる。
 なんていい子たちなんだろう!
 食べないなんて選択肢はない。
 一生懸命作ってくれたのだから。
 私が用意した夕食の材料が無駄になったけど、そんなことは些細な問題だ。
 どこででも、簡単に手に入るものだし。
 早く早く、と袖をつかんでせかす。
 そんなに急がなくても、ご飯はもう逃げないのに。

   食卓には、見慣れたものが並んでいた。
 どこにでもあって。
 簡単に手に入る。
 今、窓の外を見ても、たくさん歩いている食材。

 シチューもローストも。
 ああ、おいしそう。